ポケモンのレートのシーズンの長さについて

前提として

レートのシーズンは、火曜日の朝9:00に終わり、4時間のメンテナンスを経て同じ日の13:00からスタートします。つまり、始まるのも終わるのも火曜日なため、シーズンの期間はぴったり「〇週間」になります。

 

USM発売後のシーズンの期間

・シーズン7

 2017年11月14日~2018年1月23日=10週間

 ※ただし、USMの発売日は11月17日なため、実際は9週間強

 

・シーズン8

 2018年1月23日~3月13日=7週間

 

・シーズン9

 2018年3月13日~5月15日=9週間

 

・シーズン10

 2018年5月15日~7月10日=8週間

 

・シーズン11

 2018年7月10日~9月4日=8週間

 

・シーズン12

 2018年9月4日~11月6日=9週間

 

・シーズン13(現行シーズン)

 2018年11月6日~2019年1月8日=9週間

 

発売日前からPGL上では始まっていたシーズン7を除けば、レートの期間は1シーズン7~9週間です。感覚的には2ヶ月程度って感じで間違っていないと思います。

 

シーズンごとの最終1位のレートと、最終2000以上の人口

・シーズン7(9週間強)

 最終1位=2212  最終2000以上=720人

 

・シーズン8(7週間)

 最終1位=2182  最終2000以上=482人

 

・シーズン9(9週間)

 最終1位=2223  最終2000以上=602人

 

・シーズン10(8週間)

 最終1位=2171  最終2000以上=326人

 

・シーズン11(8週間)

 最終1位=2185  最終2000以上=329人

 

・シーズン12(9週間)

 最終1位=2203  最終2000以上=379人

 

シーズンごとにレートの総人口も違いますし、2000以上に行ったけど最終は溶かしたという人も大勢いるでしょうからあくまで目安にしかなりませんが、期間が長いほうが比較的レートの伸び方は大きい傾向にあるといえるでしょう。特に、2200に行くのが難しいと言われている中で、2200達成者が出たのが全て9週間のシーズンであることと、レートの総人口が激減したシーズン10以降の3期の中で、唯一の9週間のシーズンが最も全体的なレートも高いところは注目するべきでしょう。

 

全体の総括と今後の予測

とりあえず期間が長いほうが全体的なレートも高くなる傾向にあるので、今後のシーズンも1期9週間になってくれたらよいと思います。2019年に8世代が始まることと、ORASの同じ時期のことを考慮すると、USMのレートはシーズン17までで、9月の半ばくらいに終わるのでしょうか。今期は1月8日に終わるので、来期以降が全部9週間のシーズンだとしたら3月12日、5月14日、7月16日、9月17日にそれぞれシーズンの最終日が来ることになります。もちろん8週間のシーズンもあるでしょうからこの通りには行かないと思いますが、なんだかんだで2200が出たほうが面白いので、できる限り1シーズン9週間は確保してもらいたいものです。

今期も前期同様9週間ですので、2200が出るように皆さんがんばりましょう。私も微力ながら、少しでもレートのインフレに貢献できるように頑張ります。