半分回復実の選択

 第七世代で超絶強化され、現在では非常に高い採用率を誇る「残りHP4分の1で体力を半分回復」するきのみについて

 

・基本的には

 自分のポケモンが発動後に混乱しなければどれでも良いのかもしれない。しかし、混乱するか否かが性格によって決まっているため、きのみ発動は相手に微量ながらも自身のポケモンの情報を与えることになってしまう。今回は、そのような情報アドバンテージを相手に与えないきのみ選択について考える。

 

・きのみによってわかるのはA、B、C、D、Sのどれか一つに下降補正がかかっていないということのみ

 例えば、フィラが発動すれば攻撃に下降補正がかかっていない、マゴが発動すれば素早さに下降補正がかかっていないということが確定となる。しかし、それ以前の問題として、半分回復実をもたせるポケモンは耐久ベースのポケモンであるため、防御や特防に下降補正がかかっているということはまずないといえる。そのため、実質的にフィラが発動すれば「CかSに下降補正」、マゴが発動すれば「AかCに下降補正」ということが分かることになってしまう。これらは、きのみをもったポケモンが両刀である可能性を著しく下げることにつながってしまう。そのため、構築内で3体以上がきのみを持とうとしない限りはバンジかイアを選択することが望ましい。

(特に問題となるのは霊獣ランドロスだろう。めざ氷を採用したり、ミラーで後攻とんぼを確実にするためにのんき個体を使う可能性もあるため、S下降でないことが確定となるマゴは採用するべきではない)

 

・相手に奪われたときの対策

 情報アドを与えないためにはバンジやイアを推奨するが、相手にきのみを奪われたときの対策を意識するなら他のものも候補になる可能性がある。メガストーンやZクリスタルのおかげでトリックの採用率は低めであるが、もしものときにただで使われるのは癪なため、混乱させてやろうという考えである。特にトリックを使うポケモンは特殊偏重なため、フィラのみを押し付ければ発動後混乱する可能性は大いにあるだろう。もっともトリックできのみを奪われること自体レアなケースであるが。

 

・まとめ

構築内で競合しない限りはバンジかイアを持たせればよい。他のきのみによって相手に与えるアドバンテージは決して大きくはないが。

きのみを奪われたときに相手を混乱させるために、奪ってくる相手が混乱しそうなものを選ぶのはありかもしれない。