【ポケモン シングル】試合を振り返る

最近なかなか進歩が見えない自分への戒めの意味をこめて、初心にもどって試合を振り返るということを考えたい。

 

Ⅰ はじめに

 レート対戦をただなんとなく何試合とやってもなかなか勝率をあげることはできない。一試合ごとにその試合は「なぜ勝ったのか」、「なぜ負けたのか」をしっかりと認識し、以降の試合で同じような状況になったときに同じミスをして敗戦しないように、また、より確率の高い選択で勝利できるようにすることが大切である。

 

Ⅱ 負けた試合を考える

 勝った試合も「勝ったからそれでいいや」とせずに見直すことが大切だが、勝率を上げるためには単純に負け試合を減らせばいいので、ここでは負け試合について考える。

 

①負け方を認識する

ポケモンにおいての負け方は2種類ある。それは、

・相手のポケモンに一貫を作られて全抜きされる。

 例)自分の全ての残ポケが相手のスカーフガブリアス地震圏内まで削られてしまい、スカガブに全抜きされる。

 

・自分の残ポケで相手の何かが突破できない状況にされる。

 例)相手の再生技持ちの高耐久(クレセリアやポリゴン2など)に受けきられてしまう。

 

大きく分ければこの二通り。後者も結局はこちらの残ポケが相手の耐久ポケに突破されることになるため、相手の何かしらに、自分の残ポケが束になっても勝てない状況といえるかもしれない。

 

② 相手に一貫を作らせないようにする

 相手の何かに全抜きされてしまったというのは、それに対するストッパーがいないという状況である。そもそもストッパーには高い素早さを以って上から殴って止めるもの(相手の蝶舞ウルガモスを陽気スカガブでとめるなど)と、高い耐久およびタスキや化けの皮で一発受けてから返しで倒すもの(例えばメガヤドランで相手の殻やぶパルを受けるなど)の2種類ある。

 前者に関しては当然素早さ上昇系の積みアタッカーに対しては積む隙を複数回与えないような立ち回りが必要であり、後者に関してはこちらのストッパーのHPをストッパーとして機能する程度は残しておかなければならない。(上の例で行けば、メガヤドランのHPを2ランクアップパルシェンのロクブラ圏外まで残す)

 

③突破手段を残す

 相手の何かが突破できない状況にならないためには、そのポケモンを突破するまで、それを突破できるポケモンを倒されないようにする必要がある。

例えば相手がHBゴツメクレセリアを選出していて、こちらがメガガルーラ(猫捨て身冷パン地震)、クレセリア(毒・瞑想なし)、眼鏡サザンドラのような選出をしていた場合、当然相手のクレセリアを突破、もしくはガルーラの捨て身圏内まで入れるまではサザンドラを残しておかなければならない。クレセリアがほぼ無傷の状態にもかかわらずサザンドラが瀕死になれば相手のクレセリアの突破が難しくなり、負けが濃厚となる。

 

Ⅲ 役割を認識する

 上記のような負けが濃厚になるような状況には、自分が選出したポケモンにどのような役割を与えたのかが明確になっていない、もしくはそれを放棄させた場合に陥ることが多い。試合の序盤から引き先があるにも関わらず、明らかな不利対面で突っ張ることはあまりないだろうが、有利不利が微妙な対面で殴りあいをさせ、相手の〇〇のストッパーをするという役割が果たせないほど削られてしまうと一気に状況は悪くなってしまう。

 スカーフ持ちなど上から殴るタイプのストッパーにも、こちらが倒せないながら大きく削ることができるが逆にワンパンされるような場面(例えばスカーフガブリアス対タスキの可能性があるゲッコウガ)で突っ張るのは、他に固有の役割がある場合は避けるべきである。

 

Ⅳ 終わりに

 結局は自分が選出したポケモンにどのような役割を与えているのかをしっかりと認識し、そしてそれを確実に遂行させることが大切だということだ。

 ここに書いたことはあくまで「負けないようにするため」のことであり、ある意味勝つためにやらなければいけない最低限のことである。当然だがこれさえできれば勝てるわけではない。しかし、冷静になってふりかえると勝率が著しく悪いときはこれすらできていない場合が多い。勝てる試合を確実にものにするためにも簡単なミスは確実になくしていきたい。