まだ甘い

先日、VirginCupというサンムーンのシングル63のオフに参加してきた。形式は予選スイスドロー8回戦、その後上位者でトーナメントというもので結果は

 

f:id:nanaminamrsk:20161231232913p:plain

約130人の参加者の中で11位で予選通過とまずまずの成績を残すことができた。しかし、このオフで重要な点は成績ではない。スイスドローという形式上、自分が勝てばラウンドが進むごとに対戦相手も勝ちあがった強者になっていくため、今回のオフでは自分が勝てたこともあり、対戦した相手が強者と呼ばれ名前も広く知られている方々がほとんどであった。(そもそも、所謂有名強者が参加者の中に多かったというのもある。)

そんな中で、勝てたといっても運が良かったり沼行動がいい方向に転がったりとしただけであったため、自分の甘さ、そして上位プレイヤーとの差を感じさせられるオフであった。そして、普段の自分のポケモンに対する姿勢の甘さも痛感した。本気で上を目指すにはまだまだ甘い。そんなことを実感させられ非常に自分にとって価値のあるオフであった。

 

簡単であるが年があけるまでに書いておきたかったためこのような記事を投稿しました。遅くなりましたがVirginCupの主催・運営のみなさん、そして私と対戦、お話してくださった皆さん、本当にありがとうございました。非常に良い経験をすることができました。感謝してもしきれません。