ポケモン サン・ムーン システム・エフェクト面での仕様の変更

①マップ上

・秘伝技廃止、Yボタンでライド

  別に楽になってはいない。未だに手持ちを開いて空を飛ぶをしようとしてしまう。

・下画面のメニューアイコン廃止

  不便。ダイヤモンド・パール時代に戻った。ロトム図鑑面積とりすぎ。

・大切なものYやセレクトボタンでの登録廃止

  学習装置のオンオフ切り替えがめんどくさい。

十字キー移動廃止

  スティック操作は意外と早く慣れた。

・×ボタンで全て戻るの廃止

  いちいち一ページずつ戻るのはめんどくさい。

 

②対戦画面

・下画面の配置変更

  場所が変更したのには慣れるが、技をたて一列にしたのは意味不明。zワザボタン

  明らかにデカ過ぎ。逆に普通の技ボタン小さすぎ。押しミス誘発させる。

・状態異常マーク点滅

  目障り。

・じしんのエフェクト変更

  揺れてる地面がキモイ。時間が長くテンポ悪い。

・トレーナー表示

  目障り。大きいポケモンが小さく見えてしまい、悲しい気持ちになる。

 

③孵化環境

・自転車と十字キー一方向固定で済む孵化ロードの廃止

  ケンタロスは孵化にかかる時間が短いため悪くなったとはいえないが、やはり常に

  指を動かし続けるのは面倒。並行して別の作業をやりにくくなった。

 

④レート対戦

・下画面から即バトルスポットへいけなくなった

  フェスサークルへワンクッション挟むのはすこしイライラ。

・対戦相手が見つかったときの通知音

  いらない。うるさい。

・対戦中のお互いのプレイヤーの情報表示廃止

  相手のポケモンのタイプやレートの表示は必要ない。孵化数や対戦数が見られたほ

  うが面白かった。

・zワザダンスの表示、zワザのエフェクト長すぎ

  数多くの試合をこなす中で、毎試合見せられるのは苦痛。

・相手のロムの言語にかかわらず、相手のポケモン名が自分のロムの言語で表示される

  せっかくグローバルな展開をしているポケモンというコンテンツなのに、その良さ

  を失わせてしまっている。

 

 

とりあえずパッと思いついたものを列挙した。今作は処理スピードが遅い場面も多々あり、ややストレスの溜まりやすい仕様になっていたと最初の一週間を終えて感じたため記載。便利になった点や良くなった点もあるが、前作のORASに比べたら残念な部分が多かったため、個人的に悪くなったと思った部分のみ記載した。ハードが変わらず世代が変わったからできる限りの変化を加えようとした結果なのかもしれないが、する必要のない変化が多かった印象が残った。